Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第1分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 興膳宏(こうぜん ひろし) 興膳宏
所属部・分科 第1部第1分科
選定年月日 平成28年12月12日
専攻学科目 中国文学
現職等
  • 京都大学名誉教授
受賞等 国内
  • 日本学士院賞 (平成25年)
  • 京都新聞大賞(文化学術賞) (平成28年)
  • 京都府文化賞特別功労賞(平成31年)
海外
外国アカデミー会員等
主要な学術上の業績

 興膳 宏氏は、『中国の文学理論』、『中国文学理論の展開』の二著を通じて、劉勰の『文心雕龍』、鍾嶸の『詩品』を軸とする中国の文学理論史について、系統的に研究しました。また、これを背景として、『乱世を生きる詩人たち—六朝詩人論—』を著し、六朝時代の代表的詩人である、魏晋の交の嵇康(けいこう)、阮籍(げんせき)、晋の左思(さし)、潘岳(はんがく)、郭璞(かくはく)、王羲之(おうぎし)、陶淵明(とうえんめい)、斉の謝朓(しゃちょう)、梁の沈約(しんやく)、北魏の高允(こういん)、北周の庾信(ゆしん)などの詩を、創作と理論(批評)の双方の立場から総合的に分析して、この分野の研究に広い視野を与え、六朝文学の研究に新生面を開きました。

主要な著書・論文
  • 『中国詩文の美学』(2016年、創文社)
リンク

↑ページの先頭へ