Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第2分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 鈴木茂嗣(すずき しげつぐ) 鈴木茂嗣
所属部・分科 第1部第2分科
選定年月日 平成25年12月12日
専攻学科目 刑事法学
現職等
  • 京都大学名誉教授
受賞等 国内
海外
外国アカデミー会員等
主要な学術上の業績

 鈴木茂嗣氏の研究対象は、刑法、少年法をも含めて刑事法の広い分野に及んでいますが、とりわけ刑事訴訟法について、捜査から公訴、公判、上訴、再審に至るまで、すべての領域にわたって優れた業績を上げ、学界をリードしました。鈴木氏は、まずドイツ刑事訴訟法学に学び、とくにゴルトシュミットの学説を参考に独自の基礎理論を構築し、さらにアメリカに留学して視野を広げ、多数の論文を発表して刑事訴訟法学の進歩に貢献しました。その成果は、『刑事訴訟の基本構造』など、三冊の論文集にまとめられています。比較的最近には、刑事の実体法(刑法)にも深い関心を寄せ、犯罪の「性質論」と「認識論」とを峻別するという手法でパラダイムの転換を試み、体系書『刑法総論』と論文集『犯罪論の基本構造』を上梓しています。


主要な著書・論文
  • 【主要著書】
    1. 『注解刑事訴訟法(上・中・下巻)』(平場安治他との共著)(昭和43~52年、青林書院新社。全訂新版、昭和57~62年)
    2. 『刑事訴訟の基本構造』(昭和54年、成文堂)
    3. 『刑事訴訟法』(昭和55年、青林書院新社。改訂版;平成2年、青林書院)
    4. 『刑法総論』(平成13年、成文堂。第2版、平成23年)
    5. 『続・刑事訴訟の基本構造(上・下巻)』(上巻;平成8年、下巻;平成9年、成文堂)
    6. 『犯罪論の基本構造』(平成24年、成文堂)
    7. 『二元的犯罪論序説』(平成27年、成文堂)
  • 【主要論文】
    1. 「刑事司法の機能—ゴルトシュミットの実体的司法権論をめぐって—(1)(2)」法学論叢74巻1号、2号(昭和38年)(『刑事訴訟の基本構造』に所収)
    2. 「刑事訴訟過程の理論的分析に関する一考察—いわゆる二面説・三面説について—」法学論叢96巻4=5=6号(昭和50年)(『刑事訴訟の基本構造』に所収)
    3. 「規範的評価と可罰的評価」小野慶二判事退官記念『刑事裁判の現代的展開』(昭和63年、勁草書房)(『犯罪論の基本構造』に所収)
    4. 「構成要件論の再構成—認定論的『構成要件』概念について」法学論叢124巻5=6号(平成元年)(『犯罪論の基本構造』に所収)
    5. 「犯罪論の新構想」『京都大学法学部創立百周年記念論文集(第2巻)』(平成11年、有斐閣)(『犯罪論の基本構造』に所収)
    6. 「犯罪論は何のためにあるか—法科大学院・裁判員時代の刑法学―」近畿大学法科大学院論集創刊号(平成17年)(『犯罪論の基本構造』に所収)
リンク

↑ページの先頭へ