Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第4分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 鈴木啓介 (すずき けいすけ) 鈴木啓介
所属部・分科 第2部第4分科
選定年月日 平成30年12月12日
専攻学科目 有機合成化学
現職等
  • 東京工業大学理学院教授
  • 放送大学客員教授
受賞等 国内
  • 日本化学会進歩賞(昭和62年)
  • 高砂香料工業研究企画賞(平成5年)
  • 日本IBM科学賞(平成6年)
  • 手島記念研究論文賞(平成9年)
  • 名古屋シルバーメダル(平成11年)
  • 有機合成化学協会賞(平成15年)
  • 文部科学大臣表彰科学技術賞(平成18年)
  • 日本化学会賞(平成21年)
  • 紫綬褒章(平成22年)
  • 日本学士院賞(平成27年)
海外
  • フンボルト賞(2009年)
外国アカデミー会員等
主要な学術上の業績

 鈴木啓介氏は、生理活性天然有機化合物の全合成、および、基礎的な合成反応の開発研究を行いました。自然界の生理活性化合物の中には、入手源などの制約から稀少なものもあります。その場合、有機合成による供給が期待されますが、複雑な構造を持つ化合物の場合には容易ではありません。鈴木氏は、従来困難であった多くの不斉中心や官能基を持つ化合物の合成を、新たな合成反応の開発や合成経路の設計により実現してきました。反応開発では高反応性化学種を活用し、斬新で有用な分子構築法や立体制御法の開発につなげた一方、合成研究では糖質やテルペン、ポリケチドなどの生合成の異なる構造が複合化した標的に関し、数々の全合成を実現しました。

主要な著書・論文
    主な論文
    1. “Stereocontrolled Asymmetric Total Synthesis of Protomycinolide IV”, K. Suzuki, K. Tomooka, E. Katayama, T. Matsumoto, G. Tsuchihashi, J. Am. Chem. Soc., 108, 5221–5229 (1986).
    2. “First Total Synthesis of Mycinamicin IV and VII. Successful Application of New Glycosidation Reaction”, T. Matsumoto, H. Maeta, K. Suzuki, G. Tsuchihashi, Tetrahedron Lett., 29, 3575–3578 (1988).
    3. “New Approach to C-Aryl Glycosides Starting from Phenol and Glycosyl Fluoride.  Lewis Acid-Catalyzed Rearrangement of O-Glycoside to C- Glycoside”, T. Matsumoto, M. Katsuki, K. Suzuki, Tetrahedron Lett., 29, 6935–6938 (1988).
    4. T. Matsumoto, T. Hosoya, K. Suzuki, “Total Synthesis and Absolute Stereochemical Assignment of (+)-Gilvocarcin M”, J. Am. Chem. Soc., 114, 3568–3570 (1992).
    5. “Total Synthesis of the Furaquinocins”, T. Saito, T. Suzuki, C. Akiyama, T. Ochiai, K. Takeuchi, T. Matsumoto, and K. Suzuki, J. Am. Chem. Soc., 120, 11633–11644 (1998).
    6. “Poly-oxygenated Tricyclobutabenzenes via Repeated [2+2] Cycloaddition of Benzyne and Ketene Silyl Acetal”, T. Hamura, Y. Ibusuki, H. Uekusa, T. Matsumoto, and K. Suzuki J. Am. Chem. Soc., 128, 3534–3535 (2006).
    7. “General Synthetic Route to Benanomicin–Pradimicin Antibiotics”, M. Tamiya, K. Ohmori, M. Kitamura, T. Arai, H. Kato, M. Oorui, and K. Suzuki, Chem. Eur. J., 13, 9791–9823 (2007).
    8. “Integrated Synthetic Strategy for Higher Catechin Oligomers”, K. Ohmori, T. Shono, Y. Hatakoshi, T. Yano, K. Suzuki, Angew. Chem. Int. Ed., 50, 4862–4867 (2011).
    9. “Total Synthesis and Absolute Stereochemistry of Seragakinone A”, A. Takada, Y. Hashimoto, K. Hikita, H. Takikawa, and K. Suzuki, Angew. Chem. Int. Ed.,50, 2297–2301 (2011).
    10. “ Synthesis of the Pluramycins 2: Total Synthesis and Structure Assignment of Saptomycin B”,K. Kitamura, Y. Maezawa, Y. Ando, T. Matsumoto, K. Suzuki, Angew. Chem. Int. Ed., 53, 1262–1265 (2014).
    11. “Total Synthesis of Antibiotic Tetracenomycin C”, S. Sato, K. Sakata, Y. Hashimoto, H. Takikawa, K. Suzuki, Angew. Chem. Int. Ed., 56, 12608–12613(2017).
    主な著書
    1. 鈴木啓介、“天然有機化合物の合成戦略”、岩波講座現代化学への入門10巻、岩波書店 (2007).
リンク

↑ページの先頭へ