Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第4分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 田中靖郎 (たなか やすお) 田中靖郎
所属部・分科 第2部第4分科
選定年月日 平成23年12月12日
専攻学科目 天文学
現職等
  • 東京大学名誉教授
  • 宇宙科学研究所名誉教授
  • 独国マックス・プランク宇宙物理学研究所特別所員
  • 名古屋大学特別教授
  • (独)日本学術振興会名誉フェロー
受賞等 国内
  • 松永賞(昭和48年)
  • 仁科記念賞(昭和60年)
  • 東レ科学技術賞(昭和63年)
  • 恩賜賞・日本学士院賞(平成5年)
  • 勲二等瑞宝章(平成14年)
  • 外務大臣表彰(平成21年)
  • 文化功労者 (平成22年)
海外
  • 米国国立科学アカデミー James Craig Watson メダル(1994年)
  • Alexander von Humboldt 賞(1994年)
  • Eugen-und-Ilse Seibold賞(1999年)
  • ISI Citation Laureate Award(2000年)
  • 米国天文学会 Bruno Rossi賞(2002年)
  • 英国王立協会及びCOSPAR Massey 賞(2004年)
  • ドイツNordrhein-Westfalen州 功労勲章(2010年)
  • 小惑星4387命名 “Tanaka”
外国アカデミー会員等
  • 国際宇宙航行アカデミー会員(1986年)
  • オランダ王立科学アカデミー外国人会員(1989年)
  • 米国国立科学アカデミー外国人会員(1998年)
  • 米国天文学会名誉会員(2012年)
主要な学術上の業績

田中 靖郎氏は、X線天文学分野において、「てんま」、「ぎんが」、「あすか」等の衛星計画を主導すると共に、X線観測技術の開発を推進し、また国際協力を大幅に発展させました。特に「あすか」では世界で初めて、広い波長帯のX線反射望遠鏡とX線用CCDを搭載し、X線天文学を撮像と分光を同時に行う本格的天文学の時代に導きました。
田中氏は、これらの衛星で多くのX線源の研究を行いましたが、中でも顕著な成果は、中性子星X線源とブラックホールX線源のX線スペクトルの相違で、X線スペクトルを調べることにより表面の有り(中性子星)無し(ブラックホール)と、質量の違いを知ることが出来ることを示しました。この結果は、新たにいくつものブラックホールの発見に導くと共に、ブラックホール近傍からのX線放射の研究に重要な手がかりを与えました。
同氏はまた、X線検出器の性能改善に努め、その結果、多くのX線源から鉄原子が出す輝線を発見し、鉄輝線学とも言える新しい分野を開拓しました。


主要な著書・論文
    1. The Diffuse Soft X-Ray Sky (review)

      Tanaka, Y., Bleeker, J.A.M.: Space Science Review (1977) 20, 815
    2. Energy Spectra of Low-Mass Binary X-Rays Sources

      Mitsuda, K. et al. (co-author): Publ. Astron. Soc. Japan (1984) 36, 741
    3. Two Spectral Components and Their Luminosity-Related Changes of Low-Mass Binary X-Ray Sources

      Mitsuda, K., Tanaka, Y.: “Evolution of Galactic X-Ray Binaries”. Proc. NATO Advanced Workshop (1985), Reidel NATO ASI Series C, 167, p.195
    4. Thermal X-Ray Emission with Intense 6.7 keV Iron Line from the Galactic Ridge

      Koyama, K., Makishima, K., Tanaka, Y., Tsunemi, H.:  Publ. Astron. Soc. Japan (1986) 38, 121
    5. Discovery of an Unusual Hard X-Ray Source in the Region of Supernova SN1987A

      Dotani, T. et al. (co-author): Nature (1987) 330, 230
    6. Black Holes in X-Ray Binaries: X-Ray Properties of the Galactic Black Hole Candidates

      Tanaka, Y.: 23rd ESLAB Symp. on Two Topics in X-Ray Astronomy (1989), vol.1, p.3
    7. Astronomy in Japan

      Tanaka, Y.: Science (1992) 258, 587
    8. Recent Advances of X-Ray Astronomy

      Tanaka, Y.: Science (1994) 263, 42
    9. X-Ray Identification of the Soft Gamma-Ray Repeater 1806-20

      Murakami, T., Tanaka, Y., Kulkarni, S.R. et al.: Nature (1994) 368, 127
    10. The X-Ray Astronomy Satellite ASCA

      Tanaka, Y., Inoue, H., Holt, S.S.: Publ. Astron. Soc. Japan (1994) 46, L37
    11. Recent Advances in X-Ray Astronomy (an Invited Discourse at the IAU XXIIth General Assembly, the Hague, 1994) Highlights in Astronomy(1995), vol.10, p.3
    12. Black-Hole Binaries

      Tanaka, Y., Lewin, W.H.G.: “X-Ray Binaries”, eds. W.H.G. Lewin, J. van Paradijs & E.P.J. van den Heuvel, Cambridge University Press (1995), p. 126
    13. Gravitationally Redshifted Emission Implying an Accretion Disk and Massive Black Hole in the Active Galaxy MCG-6-30-15

      Tanaka, Y., Nandra, K., Fabian, A.C. et al.: Nature (1995) 375, 659
    14. X-Ray Novae (review)

      Tanaka, Y., Shibazaki, N.: Ann. Rev. Astron. Astrophys. (1996) 34, 606
    15. ASCA View of Our Galactic Center: Remains of Past Activities in X-Rays?

      Koyama, K., Maeda, Y., Sonobe, T., Takeshima, T., Tanaka, Y. et al.: Publ. Astron. Soc. Japan (1995) 48, 249
    16. The Cosmic X-Ray Background Spectrum Observed with ROSAT and ASCA

      Miyaji, T., Ishisaki, Y., Ogasaka, Y., Ueda, Y., Freyberg, M. J., Hasinger, G., Tanaka, Y.: A&A (1998) 334, L13
    17. Unusual Properties of X-Ray Emission Near the Galactic Center

      Tanaka, Y., Koyama, K., Maeda, Y., Sonobe, T.: PASJ (2000) 52, L25
    18. ASCA Observation of X-Ray Emission from the Galactic Ridge

      Tanaka, Y.: A&A (2002), 382, 1052
    19. Black-Hole Binaries

      Tanaka, Y.: The Century of Space Science (2002), Vol.1, p839-856
    20. Black-Hole Binaries (review)

      Tanaka, Y.: The Universe in X-Rays (2007), p237-258
リンク

↑ページの先頭へ