Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第4分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 和田英太郎(わだ えいたろう) 和田英太郎
所属部・分科 第2部第4分科
選定年月日 平成26年12月12日
専攻学科目 同位体生態学・同位体生物地球化学
現職等
  • (独)海洋研究開発機構フェロー
  • 京都大学名誉教授
  • 人間文化研究機構総合地球環境学研究所名誉教授
受賞等 国内
  • 日本海洋学会岡田賞 (昭和48年)
  • 日本地球化学会学会賞 (平成7年)
  • 地球化学研究協会学術賞(平成13年)
  • 日本学士院エジンバラ公賞 (平成20年)
  • 日本生態学会賞 (平成21年)
  • 日本地球惑星研究連合フェロー (平成24年)
  • 瑞宝中綬章 (平成25年)
海外
  • ロシア・シベリア地区科学アカデミー栄誉教授(2001年)
外国アカデミー会員等
主要な学術上の業績

 和田英太郎氏は、海洋中の海水や生物について窒素の安定同位体・窒素15の濃度を調べ、生物体中の濃度が食物連鎖に沿って順々に高くなっている事実を世界に先駆けて発見しました。その後、各地の生態系や実験室中の培養でも同じ関係が成り立つことが和田氏はじめ多くの研究で確立され、このことを利用して生態系の構造を解析する「安定同位体生態学(Stable Isotope Ecology)」と呼ばれる分野が生まれました。この分野の方法は多数の協力により広域の生物群集の調査を可能にする点で優れており、同氏は、同位体生態学の発展を国内外でリードして来ました。
 同氏はまた、窒素と炭素の安定同位体に着目し、両者の濃度を組み合わせた同位体フィンガープリント法を提唱し、各地の生態系の食物連鎖を明らかにしています。

主要な著書・論文
  • 学術論文
    1. Miyake, Y. and Wada, E. (1967) The abundance ratio of 15N/14N in marine environments. Records of Oceanographic Works in Japan 9(1): 37-53.
    2. Wada, E. and Hattori, A. (1978) Nitrogen isotope effects in the assimilation of inorganic nitrogenous compounds by marine diatoms. Geomicrobiology Journal 1(1): 85-101.
    3. Wada, E., Shibata, R., and Torii, T. (1981) 15N abundance in Antarctica: origin of soil nitrogen and ecological implications. Nature 292: 327-329.
    4. Minagawa, M. and Wada, E. (1984) Stepwise enrichment of 15N along food chains: further evidence and the relation between δ15N and animal age. Geochimica et Cosmochimica Acta 48(5): 1135-1140.
    5. Wada, E., Terazaki, M., Kabaya, Y., and Nemoto, T. (1986) 15N and 13C abundances in the Antarctic Ocean with emphasis on the biogeochemical structure of the food web. Deep-Sea Research 34: 829-841.
    6. Yoshii, K., Melnik, N. G., Timoshkin, O. A., Bondarenko, N. A., Anoshko, P. N., Yoshioka, T., and Wada, E. (1999) Stable isotope analyses of the pelagic food web in Lake Baikal. Limnology and Oceanography 44(3): 502-511.
    7. Kohzu, A., Yoshioka, T., Ando, T., Takahashi, M., Koba, K., and Wada, E. (1999) Natural 13C and 15N abundance of field-collected fungi and their ecological implications. New Phytol., 144: 323-330.
    8. Aita, M.N., Tadokoro, K., Ogawa, N.O., Hyodo, F., Ishii, R., Smith, S.L., Kishi, M.J., Saino, T., Saitoh, S. and Wada, E (2010) Linear relationship between carbon and nitrogen isotope ratios along simple food chains in marine environment. J. Plankton Res., 33(11): 1629-1642.
    9. Wada, E., R. Ishii, M.N.Aita, N.O.Ogawa., A. Kohzu, F. Hyodoand Y. Yamada(2013) Possible ideas on carbon and nitrogen trophic fractionation of food chains in lakes Baikal, Biwa, and the Mongolian grasslands: A new aspect of food-chain stable isotope analysis. Ecol. Res., 28: 173-181. DOI 10.1007/s11284-012-1024-7.
    10. Ohkouchi, N., Ogawa, N.O., Chikaraishi, Y., Tanaka, H., and Wada, E., Biochemical and physiological bases for the use of carbon and nitrogen isotopes in environmentaland ecologicalstu dies Progress in Earth and Planetary Science (2015) 2: 1. DOI 10.1186/s40645-015-0032-y.
  • 著書(含共著)
    1. Wada, E. and Hattori, A. (1991) Nitrogen in the sea: forms, abundances & rate processes. CRC Press, Florida, U.S.A. 208pp.
    2. 和田英太郎(2002)環境学入門3「地球生態学」. 岩波書店.
    3. 和田英太郎、神松 編(2010)安定同位体というメガネ 地球研叢書 昭和堂. 171pp.

  • 著者の論文リストは以下のホームページに乗せてある。
    http://www.jamstec.go.jp/biogeos/j/elhrp/biogeochem/
    takarabako.html
リンク

↑ページの先頭へ