Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第6分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 和田光史 (わだ こうじ) 和田光史
所属部・分科 第2部第6分科
選定年月日 平成12年12月12日
専攻学科目 土壌学
現職等
  • 九州大学名誉教授
  • 長崎国際大学名誉教授
受賞等 国内
  • 日本土壌肥料学会賞(昭和36年)
  • 日本農学賞・読売農学賞(昭和56年)
  • 日本学士院賞(平成12年)
  • 瑞宝大綬章(平成15年)
海外
  • カナダ土壌学会訪問科学者賞(平成4年)
  • 米国粘土鉱物学会粘土科学パイオニア賞(平成9年)
  • 国際土壌科学学会名誉会員(平成10年)
外国アカデミー会員等
主要な学術上の業績

火山灰からできる火山灰土壌は火山国日本の重要な土壌で、黒ボク土、国際的にはAndosol(暗土)などと呼ばれるように、母材の特異性を反映する形態と独特の理化学的性質をもっていて、戦後の農業ではその低位生産性が問題になりました。この火山灰土壌からイモゴライトとアロフェンという二つの粘土鉱物を分離、精製して、イモゴライトは、高性能電子顕微鏡でようやく見える直径2nmのナノ・チューブ、アロフェンは中空の直径3~5nmのナノ・ボールから構成され、さらに電子線回折、化学分析などでこのチューブとボールをつくる原子の組み立てを明らかにしたことが学術上の中心となる業績です。合わせて、ケイ素、アルミニウム、酸素、水素からなるイモゴライト、アロフェンが火山灰から土壌ができる過程でどのようにして生成し、この二つの粘土鉱物粒子がどのように水分子を保持し、無機・有機イオンの交換・吸着の働きをし、それが火山灰土壌の特殊性や農業生産上の問題とどのように関係するかを明らかにしました。

主要な著書・論文
    1. K. Wada: Structure and formation of non- and para-crystalline aluminosilicate clay minerals: A review. In G.J. Churchman, R.W. Fritzpatrick and R.A. Eggleton (eds.) Clays: Controlling the Environment. Proceedings 10th International Clay Conference Adelaide, Australia, 1993, pp. 443-448 (1995).
    2. K. Wada: Role of aluminum and iron in the accumulation of organic matter in soils with variable charge. In P.M. Huang, J. Berthelin, J.M. Bollag, W.B. McGill and A.L. Page (eds.) Environmental Impact of Soil Component Interactions --- Natural and Anthropogenic Organics, 1, pp. 47-58. CRC Press Inc. Florida (1995).
    3. K. Wada: Allophane and imogolite. In J.B. Dixon and S.W. Weed (eds.) Minerals in Soil Environments (Second Edition), pp. 1051-1087. Soil Science Society of America (1989).
    4. K. Wada: The distinctive properties of Andosols. In B.A. Stewart (ed.) Advances in Soil Science, 2, pp. 173-229. Springer-Verlag. New York, Inc. (1985).
    5. K. Wada: Amorphous clay minerals -- chemical composition, crystalline state, synthesis, and surface properties. International Clay Conference, 1981, 385-395 (1982).
    6. K. Wada: Mineralogical characteristics of Andisols. In B.K.G. Theng (ed.) Soils with Variable Charge. pp. 87-107. New Zealand Society of Soil Science. (1981).
    7. S.-I. Wada, A. Eto and K. Wada: Synthetic allophane and imogolite. Journal of Soil Science, 30, 347-355. (1979).
    8. T. Henmi and K. Wada: Morphology and composition of allophane. American Mineralogist, 61, 379-390. (1976).
    9. P.D.G. Cradwick, V.C. Farmer, J.D. Russell, C.R. Masson, K .Wada, and N. Yoshinaga: Imogolite, a hydrated aluminium silicate of tubular structure. Nature Physical Science, 240, 187-189 (1972).
    10. K. Wada, N. Yoshinaga, H. Yotsumoto, K. Ibe and S. Aida: High-resolution electron micrographs of imogolite. Clay Minerals, 8, 487-489 (1970).
リンク

↑ページの先頭へ