Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第6分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 安元健(やすもと たけし) 安元健
所属部・分科 第2部第6分科
選定年月日 平成29年12月12日
専攻学科目 水産化学
現職等
  • 一般財団法人日本食品分析センター学術顧問
  • 東北大学名誉教授
受賞等 国内
  • 日本農芸化学会賞(平成4年)
  • 内藤記念科学振興賞(平成7年)
  • 日本農学賞・読売農学賞(平成 9年)
  • 恩賜賞・日本学士院賞(平成16年)
  • 瑞宝中綬章(平成22年)
海外
  • P. J. Scheur 賞(平成 6年)
  • Nakanishi Prize (平成 18年)
  • スペイン・ヴィゴ大学名誉理学博士(平成22年)
  • スウェーデン・リンネ大学名誉理学博士(平成24年)
外国アカデミー会員等
  • The New York Academy of Sciences
主要な学術上の業績

 安元 健氏の専門は水産化学であり、特に魚介類の食中毒に関する研究では、毒素の構造決定、定量法の開発、食物連鎖による毒化作用機構の解明など、広範な研究分野で常に世界をリードしてきています。特筆すべき成果の概要は、フグ毒テトロドトキシン類の化学構造の決定と毒を生産する細菌の発見、さらに二枚貝による麻痺性毒、下痢性毒の毒化機構などを明らかにしたことです。また、500年も前から文献に記載されてきたが実態が解明されていなかった南方魚類中毒シガテラについても、安元氏によって原因毒素の構造、毒化機構が初めて明らかにされています。

主要な著書・論文
  1. Yasumoto, T. Nagai, H., Yasumura, D., Michishita, T., Endo, A., Yotsu, M., and Kotaki, Y. (1886) Interspecies distribution and possible origin of tetrodotoxin. Ann. N.Y. Acad. Sci. 479: 44-51.
  2. Murata, M., Legrand, A. M., Ishibashi, Y. and Yasumoto, T. (1989) Structure of ciguatoxin and its congener. J. Am. Chem. Soc. 111:8929-8931.
  3. Murata, M., Naoki, H., Iwashita, T., Matsunaga, S., Sasaki, M., Yokoyama, A. and Yasumoto, T. (1993) Structure of maitotoxin. J. Am. Chem. Soc., 115: 2060-2062.
  4. Yasumoto, T., Igarashi, T., Legrand, A. M., Cruchet, P., Chinain, M., Fujita, T. and Naoki, H. (2000) Structural elucidation of ciguatoxin congeners by fast-atom bombardment tandem mass spectrometry. J. Am. Chem. Soc. 122: 4988-4989.
  5. Yogi K., Oshiro N., Inafuku Y., Hirama M., Yasumoto T.(2011) Detailed analysis of ciguatoxins revealing distinct regional and species characteristic in fish and causative alga from the Pacific. Anal. Chem., 83, 8886-8891.
  6. Yasumoto, T., Oshima, Y. and Yamaguchi, M. (1978) Occurrence of a new type of shellfish poisoning in the Tohoku District. Bull. Japan. Soc. Sci. Fish. 44: 1249-1255.
  7. Satake, M., Ofuji, K., Naoki, H., James, K. J., Furey, A., McMahon, T., Silk, J. and Yasumoto, T. (1998) Azaspiracid, a new marine toxin having unique spiro ring assemblies, isolated from Irish mussels. J. Am. Chem. Soc. 120: 9967-9968.
  8. Igarashi, T., Satake, M. and Yasumoto, T. (1999) Structures and partial stereochemical assignments for prymnesin-1 and prymnesin-2: Potent hemolytic and ichthyotoxic glycosides isolated from the red tide alga Prymnesium parvum. J. Am. Chem. Soc. 121: 8499-8511.
  9. H. Uchida, Y. Taira, T. Yasumoto (2013) Structural elucidation of palytoxin analogs produced by the dinoflagellate Ostreopsis ovate IK2 strain by complementary use of positive and negative ion liquid chromatography/quadrupole time-of flight mass spectrometry. Rapid Commun Mass Spectrom., 27: 1999-2008.
  10. Yasumoto, T. (2005) Chemistry, etiology, and food chain dynamics of marine toxins. Proc. Japan Acad. Ser. B. 81, 43-51
リンク

↑ページの先頭へ