Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第7分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 審良静男(あきら しずお) 審良静男
所属部・分科 第2部第7分科
選定年月日 平成26年12月12日
専攻学科目 免疫学
現職等
  • 大阪大学WPI免疫学フロンティア研究センター拠点長・教授
  • 大阪大学微生物病研究所教授
  • 大阪大学特別教授
  • (独)理化学研究所統合生命医科学研究センター特別顧問
  • 兵庫医科大学名誉教授
受賞等 国内
  • 井上学術賞(平成13年)
  • 野口英世記念医学賞(平成13年)
  • 大阪科学賞(平成14年)
  • 武田医学賞(平成15年)
  • 高松宮妃癌研究基金学術賞(平成16年)
  • 紫綬褒章(平成17年)
  • 朝日賞(平成18年)
  • 上原賞(平成19年)
  • 恩賜賞・日本学士院賞(平成19年)
  • 文化功労者(平成21年)
  • 慶應医学賞(平成22年)
  • 吹田市長賞(平成23年)
海外
  • Robert Koch Prize(Robert Koch Foundaton, Germany)(2004年)
  • William B. Coley Award(Cancer Research Institute, USA)(2006年)
  • Milstein賞(International Society for Interferon and Cytokine Research)(2007年)
  • Hans Bloemendal Medal(University of Nijmegan, Netherland)(2009年)
  • Avery-Landsteiner Prize(German Society for Immunology)(2010年)
  • Canada Gairdner International Awards(2010年)
  • The Frederil B. Bang Award(Twelfth International Conference of the International Endotoxin and Innate Immunity Society)(2012年)
外国アカデミー会員等
  • 米国科学アカデミー外国人会員(2009年)
  • Fellow of the American Academy of Microbiology(2010年)
  • EMBO外国人会員(2010年)
  • Distinguished Investigator, Institute of Biomedicine of Seville, Spain (2017年)
主要な学術上の業績

 審良静男氏は、遺伝子の塩基配列の検索によってショウジョウバエのTollと同じ構造を持つマウスの12の遺伝子を発見し、その一つ一つが欠損したマウスを作ることによって、9種類のToll-like receptor(TLR)と、そのリガンドを同定しました。そして、これらのTLRに細菌やウイルス由来の構成成分(リポ多糖、リポ蛋白、フラジェリン、核酸など)が結合すると、どのような生化学的機序によって炎症性サイトカインやインターフェロンが作られて、生体が病原体と戦うかという自然免疫の機序を明らかにしました。また、審良氏の研究は、リンパ球を中心とする獲得免疫が効果的な感染防御を発揮するためには、自然免疫の活性化が必須であることを明らかにしました。

主要な著書・論文
    1. Hoshino, K., Takeuchi, O., Kawai, T., Sanjo, H., Ogawa, T., Takeda, Y., Takeda, K. and Akira, S. Cutting Edge: Toll-like receptor 4(TLR4)-deficient mice is hyporesponsive to LPS: evidence for TLR4 as the Lps gene product. J Immunol. 162: 3749-3752, 1999.
    2. Kawai, T., Adachi, O., Ogawa, T., Takeda, K. and Akira, S. Unresponsiveness of MyD88-deficient mice to endotoxin. Immunity. 11: 115-122, 1999.
    3. Takeuchi, O., Hoshino, K., Kawai, T., Sanjo, H., Takada, H., Ogawa, T., Takeda, K. and Akira, S. Differential roles of TLR2 and TLR4 in recognition of gram-negative and gram-positive bacterial cell wall components. Immunity. 11: 443-451, 1999.
    4. Hemmi, H., Takeuchi, O., Kawai, T., Kaisho, T., Sato, S., Sanjo, H., Matsumoto, M., Hoshino, K., Wagner, H., Takeda, K. and Akira, S. A Toll-like receptor recognizes bacterial DNA. Nature. 408: 740-745, 2000.
    5. Yamamoto, M., Sato, S., Hemmi, H., Sanjo, H., Uematsu, S., Kaisho, T., Hoshino, K., Takeuchi, O., Kobayashi, M., Fujita, T., Takeda, K. and Akira, S. Essential role for TIRAP in activation of the signalling cascade shared by TLR2 and TLR4. Nature. 420: 324-329, 2002.
    6. Yamamoto, M., Sato, S., Hemmi, H., Hoshino, K., Kaisho, T., Sanjo, H., Takeuchi, O., Sugiyama, M., Okabe, M., Takeda, K. and Akira, S. Role of adaptor TRIF in the MyD88-independent Toll-like receptor signaling pathway. Science. 301: 640-643, 2003.
    7. Akira, S., Uematsu, S. and Takeuchi, O. Pathogen recognition and innate immunity. Cell. 24: 783-801, 2006.
    8. Matsushita, K., Takeuchi, O., Standley, D. M., Kumagai, Y., Kawagoe, T., Miyake, T., Stoh, T., Kato, H., Tsujimura, T., Nakamura, H. and Akira, S. Zc3h12a is an Rnase essential for controlling immune responses by regulating mRNA decay. Nature. 458: 1185-1190, 2009.
    9. Satoh, T., Kidoya, H., Naito, H., Yamamoto, M., Takemura, N., Nakagawa, K., Yoshioka, Y., Morii, E., Takakura, N., Takeuchi, O. and Akira, S. Critical role of Trib1 in differentiation of tissue-resident M2-like macrophages. Nature. 495: 524-528, 2013.
    10. Uehata, T., Iwasaki, H., Vandenbon, A., Matsushita, K., Hernandez-Cuellar, E., Kuniyoshi, K., Satoh, T., Mino, T., Suzuki, Y., Standley, D.M., Tsujimura, T., Rakugi, H., Isaka, Y., Takeuchi, O. and Akira, S. Malt1-induced cleavage of Regnase-1 in CD4+ helper T cells regulates immune activation. Cell. 153: 1036-1049, 2013.
リンク

↑ページの先頭へ