Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第7分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 岸本忠三 (きしもと ただみつ) 岸本忠三
所属部・分科 第2部第7分科
選定年月日 平成7年12月12日
専攻学科目 免疫学
現職等
  • 大阪大学免疫学フロンティア研究センター特任教授
  • (公財)千里ライフサイエンス振興財団理事長
  • 大阪大学名誉教授
受賞等 国内
  • ベーリング・北里賞(昭和57年)
  • 大阪科学賞(昭和58年)
  • ベルツ賞(昭和61年)
  • 朝日賞(昭和63年)
  • 武田医学賞(昭和63年)
  • 文化功労者(平成2年)
  • 日本医師会医学賞(平成2年)
  • 国際アレルギー学会賞(平成3年)
  • 恩賜賞・日本学士院賞(平成4年)
  • 富田林市名誉市民(平成4年)
  • 文化勲章(平成10年)
  • 日本国際賞(平成23年)
海外
  • 米国国立科学アカデミー外国人会員(1991年)
  • 米国免疫学会名誉会員(1992年)
  • サンド免疫学賞(国際免疫学会)(1992年)
  • アベリー・ランドスタイナー賞(ドイツ免疫学会)(1996年)
  • 米国血液学会名誉会員(1997年)
  • 米国国立科学アカデミー医学研究所外国人会員(1997年)
  • ドナルド・セルディン賞(国際腎臓病学会)(1999年)
  • ロベルト・コッホゴールドメダル(ドイツコッホ財団)(2003年)
  • クラフォード賞(スウェーデン王立科学アカデミー)(2009年)
  • タイ王国Royal Decoration(2012年)
  • キング・ファイサル国際賞(2017年)
  • Distinguished Services Award(ICIS:国際サイトカイン&インターフェロン学会) (2018年)
外国アカデミー会員等
  • アメリカ科学アカデミー外国人会員(1991年)
  • ドイツ科学アカデミーレオポルディナ会員(2006年)
主要な学術上の業績

岸本忠三氏は、ウイルス感染の防御等に重要な働きを有する抗体の産生にとって必須の分子である「インターロイキン6(IL-6)」を発見すると共に、その受容体システムの構造とシグナル伝達の大要を解明し、IL-6も含めたサイトカインの作用の多様性を分子レベルで説明しました。さらに、IL-6の産生調節機構を明らかにし、リウマチ等の自己免疫疾患病態がIL-6の異常産生により説明されうることを示しました。IL-6に関する一連の研究に基づいてリウマチ様関節炎やキャッスルマン病等の治療薬として抗体医薬Tocilizumabを開発し、現在全世界100万人以上の人の治療に用いられています。

主要な著書・論文
    1. Hirano, T., K. Yasukawa, H. Harada, T. Taga, Y. Watanabe, T. Matsuda, S. Kashiwamura, K. Nakajima, K. Koyama, A. Iwamatsu, S. Tsunasawa, F. Sakiyama, H. Matsui, Y. Takahara, T. Taniguchi, and T. Kishimoto. Complementary DNA for a novel human interleukin (BSF-2) that induces B lymphocytes to produce immunoglobulin. Nature 324: 73-76, 1986.
    2. Kawano, M., T. Hirano, T. Matsuda, T. Taga, Y. Horii, K. Iwato, H. Asaoku, B. Tang, O. Tanabe, H. Tanaka, A. Kuramoto, and T. Kishimoto. Autocrine generation and requirement of BSF-2/IL-6 for human multiple myelomas. Nature 332: 83-85, 1988.
    3. Yamasaki, K., T. Taga, Y. Hirata, H. Yawata, Y. Kawanishi, B. Seed, T. Taniguchi, T. Hirano, and T. Kishimoto. Cloning and expression of human interleukin 6 (BSF-2/IFNb2) receptor. Science 241: 825-828, 1988.
    4. Taga, T., M. Hibi, Y. Hirata, K. Yamasaki, K. Yasukawa, T. Matsuda, T. Hirano, and T. Kishimoto. Interleukin-6 triggers the association of its receptor with a possible signal transducer, gp130. Cell 58: 573-581, 1989.
    5. Hibi, M., M. Murakami, M. Saito, T. Hirano, T. Taga, and T. Kishimoto. Molecular cloning and expression of an IL-6 signal transducer, gp130. Cell 63: 1149-1157, 1990.
    6. Akira, S., H. Isshiki, T. Sugita, O. Tanabe, S. Kinoshita, Y. Nishio, T. Nakajima, T. Hirano, and T. Kishimoto. A nuclear factor for IL-6 expression (NF-IL6) is a member of a C/EBP family. EMBO J. 9: 1897-1906, 1990.
    7. Akira, S., Y. Nishio, M. Inoue, X. Wang, S. Wei, T. Matsusaka, K. Yoshida, T. Sudo, M. Naruto, and T. Kishimoto. Molecular cloning of APRF, a novel IFN-stimulated gene factor 3 p91-related transcription factor involved in the gp130-mediated signaling pathway. Cell 77: 63-71, 1994.
    8. Naka, T., M. Narazaki, M. Hirata, T. Matsumoto, S. Minamoto, A. Aono, N. Nishimoto, T. Kajita, T. Taga, K. Yoshizaki, S. Akira, and T. Kishimoto. Structure and function of a new STAT-induced STAT inhibitor-1. Nature 387: 924-929, 1997.
    9. Nishimoto, N., M. Sasai, Y. Shima, M. Nakagawa, T. Matsumoto, T. Shirai, T. Kishimoto, and K. Yoshizaki. Improvement in Castleman's disease by humanized anti-interleukin-6 receptor antibody therapy. Blood 95: 56-61, 2000.
    10. Nishimoto, N., K. Yoshizaki, N. Miyasaka, K. Yamamoto, S. Kawai, T. Takeuchi, J. Hashimoto, J. Azuma, and T. Kishimoto. Treatment of rheumatoid arthritis with humanized anti-interleukin-6 receptor antibody: a multicenter, double-blind, placebo-controlled trial. Arthritis Rheum. 50: 1761-1769, 2004.
    11. Yokota, S., T. Miyamae, T. Imagawa, N. Iwata, S. Katakura, M. Mori, P. Woo, N. Nishimoto, K. Yoshizaki, and T. Kishimoto. Therapeutic efficacy of humanized recombinant anti-IL-6 receptor antibody for children with systemic-onset juvenile idiopathic arthritis. Arthritis Rheum. 52: 818-825, 2005.
    12. Kishimoto, T. Interleukin-6: From basic science to medicine, 40 years in immunology. Annu. Rev. Immunol. 23: 1-21, 2005.
    13. Tanaka, T., Narazaki, M., and Kishimoto, T. IL-6 in inflammation, immunity, and disease. Cold Spring Harbor Perspective Biol. 6, 2014.
    14. Higa, M., Oka, M., Fujihara, Y., Masuda, K., Yoneda, Y., and Kishimoto, T. Regulation of inflammatory responses by dynamic subcellular localization of RNA-binding protein Arid5a. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 115(6): E1214-E1220, 2018.
    15. Gemechu, Y., Millrine, D., Hashimoto, S., Prakash, J., Sanchenkova, K., Metwally, H., Gyanu, P., Kang, S.J., and Kishimoto, T. Humanized cereblon mice revealed two distinct therapeutic pathways of immunomodulatory drugs. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 115: 11802-11807, 2018.
リンク

↑ページの先頭へ