Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第7分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 須田立雄 (すだ たつお) 須田立雄
所属部・分科 第2部第7分科
選定年月日 平成19年12月12日
専攻学科目 歯学
現職等
  • 埼玉医科大学ゲノム医学研究センター客員教授
  • 昭和大学名誉教授
受賞等 国内
  • 日本ビタミン学会奨励賞(昭和46年)
  • 日本骨代謝学会学会賞(平成元年)
  • 日本ビタミン学会学会賞(平成8年)
  • 紫綬褒章(平成10年)
  • 朝日賞(平成12年)
  • 日本学士院賞(平成13年)
  • 瑞宝重光章(平成22年)
海外
  • Vitamin D Research Award (Brown University)(1994年)
  • 米国骨代謝学会ニューマン賞(1997年)
  • Career Recognition Award (Vitamin D Workshop Inc.)(2000年)
外国アカデミー会員等
  • パリ大学名誉博士(2003年)
主要な学術上の業績

須田立雄氏は、40年以上にわたり、生体のカルシウム代謝を調節する最も基本的な因子であるビタミンDの代謝調節、作用のしくみ、活性型ビタミンD(強力な生理作用を持つビタミンD代謝産物)の臨床応用のための基礎研究に取り組んできました。特に、須田氏の考案した活性型ビタミンDの合成誘導体(1α-ヒドロキシビタミンD3)は、近年新しい生活習慣病としてクローズアップされている骨粗鬆症患者の基本的な治療薬となっており、現在少なくとも百万人の骨粗鬆症患者が毎日服用しています。

また須田氏は、活性型ビタミンDの分化誘導作用の研究から出発して、骨吸収の主役を演じる破骨細胞の形成には、骨形成に関与する骨芽細胞と破骨細胞前駆細胞との間に細胞間接着を介して破骨細胞分化因子(ODF)と名付けたタンパク質が関与するという作業仮説を提唱し、その仮説が正しいことを分子レベルで証明しました。

須田氏の一連の研究は、基礎生命科学と医学・歯学の進展に大きく貢献するものです。

主要な著書・論文
    1. Holick, M.F., Schnoes, H.K., DeLuca, H.F., Suda, T., and Cousins, R.J.: Isolation and identification of 1,25-dihydroxycholecalciferol. A metabolite of vitamin D active in intestine. Biochemistry, 10: 2799-2804, 1971.
    2. Fukushima, M., Suzuki, Y., Tohira, Y., Matsunaga, I., Ochi, K., Nagano、H., Nishii, Y., and Suda, T.: Metabolism of 1α-hydroxyvitamin D3 to 1α,25-dihydroxyvitamin D3 in perfused rat liver. Biochem. Biophys. Res. Commun., 66: 632-638, 1975.
    3. Nishii, Y., Ono, M., Fukushima, M., Shimizu, T., Niki, R., Ohkawa, H., Takagaki, Y., Okano, K., and Suda, T.: Osseous changes and abnormalities of mineral metabolism in rats with glycopeptide-induced nephritis. Endocrinology, 107: 319-327, 1980.
    4. Abe, E., Miyaura, C., Sakagami, H., Takeda, M., Konno, K., Yamazaki, T., Yoshiki, S., and Suda, T.: Differentiation of mouse myeloid leukemia cells induced by 1α,25-dihydroxyvitamin D3. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 78:4990-4994, 1981.
    5. Abe, E., Miyaura, C., Tanaka, H., Shiina, Y., Kuribayashi, T., Suda, S., Nishii, Y., DeLuca, H.F., and Suda, T.: 1α,25-dihydroxy-vitamin D3 promotes fusion of mouse alveolar macrophages both by a direct mechanism and by a spleen cell-mediated indirect mechanism. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 80: 5583-5587, 1983.
    6. Takahashi, N., Akatsu, T., Udagawa, N., Sasaki, T., Yamaguchi, A., Mosely, J.M., Martin, T.J., and Suda, T.: Osteoblastic cells are involved in osteoclast formation. Endocrinology, 123: 2600-2602, 1988.
    7. Suda, T., Takahashi, N., and Martin, T.J.: Modulation of osteoclast differentiation. Endocrine Rev. 13: 66-80, 1992.
    8. Shinki, T., Shimada, H., Wakino, S., Anazawa, H., Hayashi, M., Saruta, T., DeLuca, H.F., and Suda, T.: Cloning and expression of rat 25-hydroxyvitamin D3-1α-hydroxylase cDNA. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 94: 12920-12925, 1997.
    9. Yasuda, H., Shima, N., Nakagawa, N., Yamaguchi, K., Kinosaki, M., Mochizuki, S., Tomoyasu, N., Yano, K., Goto, M., Murakami, A., Ysuda, E., Morinaga, T., Higashio, K., Udagawa, N., Takahashi, N., and Suda, T.: Osteoclast differentiation factor is a ligand for osteoprotegerin/osteoclastogenesis-inhibitory factor and identical to TRANCE/RANKL. Proc. Nat. Acad. Sci. USA, 95: 3597-3602,1998.
    10. Suda, T., Takahashi, N., Udagawa, N., Jimi, E., Gillespie, M.T., and Martin, T.J.: Modulation of osteoclast differentiation and function by osteoblasts/stromal cells. Endocrine Rev. 20: 345-357, 1999.
    11. Suda, T.: Vitamin D and bone - How does vitamin D regulate bone formation and resorption?- Proceedings of the Japan Academy, Ser.B., 80:407-421,2004.
    12. 須田 立雄、尾形 悦郎、小椋 陽介、西井 易穂: ビタミンD―その新しい流れ. 講談社サイエンテイフィック、1982.
    13. 須田 立雄、小澤英浩、高橋 栄明: 骨の科学、医歯薬出版、1985.
    14. 尾形 悦郎、須田 立雄、小椋 陽介編: ビタミン Dのすべて、講談社サイエンテイフィック、1993.
    15. 須田 立雄、小澤英浩、高橋 栄明、田中 栄、中村 浩彰、森 諭史.: 新 骨の科学、医歯薬出版、2007.
リンク

↑ページの先頭へ