Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 物故会員一覧 > ア行 > 物故会員個人情報

物故会員個人情報

氏名 井口洋夫 (いのくち ひろお) 井口洋夫
所属部・分科 第2部第4分科
選定年月日 平成8年12月12日
退任年月日 平成26年3月20日
専攻学科目 物理化学
過去の要職
  • 東京大学名誉教授
  • 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所名誉教授
受賞等 国内
  • 日本学士院賞 (昭和40年)
  • 藤原賞 (平成元年)
  • 文化功労者(平成6年)
  • 文化勲章(平成13年)
  • 京都賞(平成19年)
海外
主要な学術上の業績

井口洋夫氏は、電気の絶縁体とされていた有機物質内で、炭素原子の持つπ電子の重なりにより分子間で電子が移動し、導電性を示すことを実証し、「有機半導体」という新しい概念を提唱するとともに、その確立に中心的役割を果たしました。また電子供与体分子と電子受容体分子を組み合わせることにより導電性が飛躍的に増すことを見出しました。これにより金属と同様な導電性を示す有機金属の実現に道を開き、さらに有機超伝導体という画期的な新分野の展開に大きく貢献しました。

また、これら有機半導体と「電子の挙動の制御」という先端技術が融合した有機分子エレクトロニクスの開拓に先駆的、根幹的貢献をしました。

主要な著書・論文
    1. On the Electrical Conductivity of Violanthrone, Iso-Violanthrone and Pyranthrone, J. Chem. Phys., 18, 810 (1950).
    2. Photoconductivity of the Condensed Polynuclear Aromatic Compounds, Bull. Chem. Soc. Jpn., 27, 22 (1954).
    3. Electrical Conductivity of the Perylene-Bromine Complex, Nature, 173, 168 (1954).
    4. The Effect of Pressure on the Semiconductivity of Isoviolanthrone, Bull. Chem. Soc. Jpn., 28, 570 (1955).
    5. ● Electrical Conductivity of Organic Semiconductors, Solid State Phys., 12, 93 (1961).
    6. The Photovoltaic Behavior in Organic Compounds, Bull. Chem. Soc. Jpn., 34, 1093 (1961).
    7. Photoelectric Emission of the Complexes between Cesium and Polycyclic Aromatic Compounds, Nature, 198, 477 (1963).
    8. ● 有機半導体 槙書店 (1964).
    9. Two Dimensionality and Suppression of Metal-Semiconductor Transition in a New Organic Metal with Alkylthio Substituted TTF and Perchlorate, Solid State Commun., 42, 557 (1982).
    10. ● Organic Semiconductors, Conductors and Superconductors, Int. Rev. Phys. Chem., 8, 95 (1989).
    11. Shear Stress Effects on Electronic Spectra on the One-dimensional Bis(diphenylglyoximato)metal(II) Complexes, M(dpg)2 [M = Ni and Pt] under High Pressure, Proc. Jpn. Acad., Ser. B, 79 267 (2003).
    12. ● 有機半導体の発見、その光と影 The TRC News, 84, 1 (2003).
    13. ● The Discovery of Organic Semiconductors.Its Light and Shadow, Organic Electronics, 7, 62 (2006).
  • (● 総説 )

↑ページの先頭へ