Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 物故会員一覧 > ア行 > 物故会員個人情報

物故会員個人情報

氏名 石坂公成 (いしざか きみしげ) 石坂公成
所属部・分科 第2部第7分科
選定年月日 平成9年12月12日
退任年月日 平成30年7月6日
専攻学科目 免疫学
過去の要職
  • ラホイヤアレルギー免疫研究所名誉所長
  • 山形大学特別招聘教授
受賞等 国内
  • 恩賜賞(昭和49年)
  • 日本学士院賞(昭和49年)
  • 文化功労者(昭和49年)
  • 文化勲章(昭和49年)
  • 勲一等瑞宝章(平成11年)
  • 日本国際賞(平成12年)
海外
  • Passano Foundation Award (アメリカ), 1972
  • Paul Ehrlich-Darmustaeter Preis (ドイツ), 1973
  • Gairdner Foundation International Award (カナダ), 1973
  • Boden Award of the Association of American Medical Colleges, 1979
主要な学術上の業績

 石坂公成氏は、アレルゲンと反応してヒトにアレルギーを起こす物質がユニークな免疫グロブリンに属する抗体であることを発見し、この蛋白を同定して免疫グロブリンE(IgE)と命名しました。更に同氏は、IgEが血液中の好塩基球と組織の肥満細胞に高い親和性で結合すること、そして、細胞に結合しているIgE抗体にアレルゲンが反応すると、これらの細胞はヒスタミンやロイコトリエンを遊離してアレルギー症状を起こすことを明らかにしました。

主要な著書・論文
    1. Ishizaka, K. and Ishizaka, T. and Hornbrook, M.M. (1966) Physico-chemical properties of reaginic antibody V. Correlation of reaginic activity with γE globulin antibody. J. Immunol., 98: 840-853.
    2. Ishizaka, K. and Ishizaka, T. (1967) Identification of γE antibodies as a carrier of reaginic activity. J. Immunol., 99: 1187-1198.
    3. Ishizaka, T., Ishizaka, K., Orange, R.P. and Austen, K.F. (1970) The capacity of human immunoglobulin E to mediate the release of histamine and slow reacting substance of anaphylaxis (SRS-A) from monkey lung. J. Immunol., 104, 335-343.
    4. Tomioka, H. and Ishizaka, K. (1971) Mechanisms of passive sensitization II. Presence of receptors for IgE on monkey mast cells. J. Immunol., 107, 971-978.
    5. Ishizaka, K. (1976) Cellular events in the IgE antibody response. Advances in Immunology, 23: 1-75.
    6. Ishizaka, T. and Ishizaka, K. (1984) Activation of mast cells for mediator release through IgE receptors. Progress in Allergy, 34: 188-235.

↑ページの先頭へ