Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 物故会員一覧 > ア行 > 物故会員個人情報

物故会員個人情報

氏名 伊藤英覺 (いとう ひでさと) 伊藤英覺
所属部・分科 第2部第5分科
選定年月日 平成6年12月12日
退任年月日 平成21年6月30日
専攻学科目 機械工学・流体工学
過去の要職
  • 東北大学名誉教授
受賞等 国内
  • 日本学士院賞(昭和50年)
  • 勲二等瑞宝章(平成6年)
  • 文化功労者(平成18年)
海外
  • The Lewis F.Moody Award (1972, 米国機械学会流体工学部門)
主要な学術上の業績

伊藤 英覺氏は、一次元理論に終始していた水力学の分野に、他に先駆けて流体力学的手法を導入し、管内流れ、特に学術上重要で、かつ工学的応用面が広い曲り管内の流れ、ベンド内の流れ、回転する管内の流れ、分岐合流管内の流れなどについて広い範囲にわたる研究を行い、この分野の研究に新生面を開拓しました。特に、曲り管・回転管の管摩擦抵抗法則、ベンド・分岐合流管の損失係数公式は著明で、国際的に広く使用されています。さらに、管内流れの研究成果を活用して、高性能の乱れの極めて少ない大型風洞を設計・設置し、風洞設計法の進歩に貢献しました。

主要な著書・論文
  • 著書:
    1. 伊藤英覺・本田睦;大学講義流体力学, 丸善, (1981).
    2. H. Itō : Friction Factors for Turbulent Flow in Curved Pipes, Journal of Basic Engineering, Trans. ASME, Ser. D, Vol. 81 (1959), pp. 123-134.
    3. H. Itō : Pressure Losses in Smooth Pipe Bends, Journal of Basic Engineering, Trans. ASME, Ser. D, Vol. 82 (1960), pp. 131-143.
    4. H. Itō and K. Imai : Pressure Losses in Vaned Elbows of a Circular Cross Section, Journal of Basic Engineering, Trans. ASME, Ser. D, Vol. 88 (1966), pp. 684-685.
    5. H. Itō : Laminar Flow in Curved Pipes, Zeitschrift fur angewandte Mathematik und Mechanik, Vol. 49 (1969), pp. 653-663.
    6. H. Itō and K. Nanbu : Flow in Rotating Straight Pipes of Circular Cross Section, Journal of Basic Engineering, Trans. ASME, Ser. D, Vol. 93 (1971), pp. 383-394.
    7. H. Itō and K. Imai : Energy Losses at 90° Pipe Junctions, Journal of the Hydraulics Division, Proc. ASCE, Vol. 99 (1973), pp. 1353-1368.
    8. H. Itō, Y. Watanabe, H. Ishimaru and Y. Abe : An Investigation into the Performance of Two Inlet Nozzles for Flow Measurement, Journal of Fluids Engineering, Trans. ASME, Vol. 103 (1981), pp. 67-74.
    9. H. Itō, R. Kobayashi and Y. Kohama : The Low-Turbulence Wind Tunnel at Tōhoku University, The Aeronautical Journal, Vol. 96 (1992), pp. 141-151
    10. K. Oka and H. Itō : Energy Losses at Tees With Large Area Ratios, Journal of Fluids Engineering, Trans. ASME, Vol. 127 (2005), pp. 110-116.

↑ページの先頭へ