Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 物故会員一覧 > ア行 > 物故会員個人情報

物故会員個人情報

氏名 伊藤正男 (いとう まさお) 伊藤正男
所属部・分科 第2部第7分科
選定年月日 平成元年12月12日
退任年月日 平成30年12月18日
専攻学科目 生理学・神経科学
過去の要職
  • 東京大学名誉教授
  • 理化学研究所脳科学総合研究センター所長
  • 日本学術会議会長
  • 国際科学技術財団会長
受賞等 国内
  • 恩賜賞・日本学士院賞(昭和61年)
  • 文化功労者(平成6年)
  • 日本国際賞(平成8年)
  • 文化勲章(平成8年)
  • 武蔵野市名誉市民(平成9年)
海外
  • ロバートダウ神経科学賞{米国}
  • IPSEN財団賞{仏}
  • レジョンドヌール勲章{仏}
  • ピータグルーバ神経科学賞{米国}
主要な学術上の業績

伊藤正男氏の主な業績は、運動学習やその熟練の中枢である小脳の仕組みを解明したことです。小脳の重要な構成分であるプルキンエ細胞が抑制的な働きを持つことを見出したのを手初めに、「長期抑圧」と呼ばれる小脳特有の可塑性シナプス機構の存在を明らかにしました。その後、これらの独創的な発見をもとに、小脳の研究に専念しこの分野を開拓しました。一つには、長期抑圧の分子機構の解明に力を注ぎ、特に、酸化窒素、Gキナーゼ、G基質、蛋白フォスファタゼ2A型をつなぐ経路の役割を明らかにし、CRFホルモンや急速に合成される蛋白のユニークな働きを見出しました。また、長期抑圧を起こす経路として、PKCを介する主要なものほか、アラキドン酸、COX-2、プロスタグランヂンD2/E2を経由するもののあることを見いだしました。一方では、小脳の機能単位としての回路モデルを提案し、その効用の一例として、前庭動眼反射の適応(頭を動かしても映像がぶれない)に明快な説明を与えました。さらに、このモデルを発展させ、運動だけでなく、思考など心的な過程における小脳の役割にも適用し、無意識に行われる潜在的なこころに働きに説明を与えています。

主要な著書・論文
  • 単行本
    1. Eccles, J.C., Ito, M. and Szentagothai, J. The Cerebellum as a Neuronal Machine. Springer-Verlag, Berlin 1967. pp335.
    2. Ito, M. The Cerebellum and Neural Control. Raven Press, New York. pp580, 1984.
    3. Ito, M. The Cerebellum: Brain for an Implicit Self. New York/Peason, 2011.
  • 原著
    1. Ito, M. & Yoshida, M. The cerebellar-evoked monosynaptic inhibition of Deiters' neurones. Experientia, 20, 515-516, 1964.
    2. Fukuda, J., Highstein, S.M. & Ito, M. Cerebellar inhibitory control of the vestibulo-ocular reflex investigated in rabbit's IIIrd nucleus. Exp. Brain Res., 14, 511-526, 1972.
    3. Dufosse, M., Ito, M., Jastreboff, P.J. & Miyashita, Y. A neuronal correlate in rabbit's cerebellum to adaptive modification of the vestibulo-ocular reflex. Brain Res., 150, 611-616, 1978.
    4. Ito, M., Sakurai, M. & Tongroach, P. Climbing fibre induced depression of both mossy fibre responsiveness and glutamate sensitivity of cerebellar Purkinje cells. J. Physiol. (Lond.), 324, 113-134, 1982.
    5. Miyata, M., Okada, D., Hashimoto, K., Kano, M. & Ito, M. Corticotropin-releasing factor plays a permissive role in cerebellar long-term depression. Neuron 22, 763-775, 1999.
    6. Launey, T., Endo, S., Sakai, R., Harano, J., & Ito, M. Protein phosphatase 2A inhibition induces cerebellar long-term depression and declustering of synaptic AMPA receptor. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 101: 676-681, 2004.
    7. Le, T.D., Shirai, Y., Okamoto, T., Tatsukawa, T., Nagao, S., Shimizu, T., Ito, M. Lipid signaling in cytosolic phospholipase A2α–cyclooxygenase-2 cascade mediates cerebellar long-term depression and motor learning. PNAS 107, 3198-3203, 2010.
  • 総説
    1. Ito, M. Long-term depression. Ann. Rev. Neurosci., 12, 85-102, 1989.
    2. Ito, M. Cerebellar long-term depression - characterization, signal transduction and functional roles. Physiol. Rev. 81, 1143-1195, 2001.

↑ページの先頭へ