Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 物故会員一覧 > マ行 > 物故会員個人情報

物故会員個人情報

氏名 松本達郎 (まつもと たつろう) 松本達郎
所属部・分科 第2部第4分科
選定年月日 平成8年12月12日
退任年月日 平成21年2月7日
専攻学科目 地質学
過去の要職
  • 九州大学名誉教授
受賞等 国内
  • 朝日文化賞(昭和35年)
  • 日本学士院賞 (昭和44年)
  • 勲二等瑞宝章 (昭和61年)
海外
主要な学術上の業績

白亜紀は約1億4500万年前からの約8000万年間の中生代最後の地質年代で、世界の石油の埋蔵量の半分以上がこの年代に堆積した地層に含まれ、この紀の終わりには恐竜類を始め多くの古生物が死滅する重要な変化が起こりました。松本達郎氏は、頭足類のアンモナイト(巻貝の内容がイカに近い海棲の軟体動物)化石の進化の詳細な研究によって、地質年代を通しての模範と称賛されている年代区分を白亜紀について確立し、世界の学界に指導的な役割を果たしました。

主要な著書・論文
    1. 『日本地史学の課題』(平凡社)(単行本)、1949.
    2. Upper Cretaceaus ammonites of California, Part I, II, III, Mem. Fac. Sci., Kyushu Univ., Ser. D, vol. 8, 91-171, pls. 30-45, 1959; Ditto, Spec. vol. 1, 1-172, pls. 1-41, 1959; Ibid., Spec. vol. 2, 1-204, pls. 1-2, 1960.
    3. A Monograph of the Collignoniceratidae from Hokkaido, Parts 1-5, Mem. Fac. Sci., Kyushu Univ., Ser. D, vol. 16, 1-80, pls. 1-18 (1965); vol. 16, 209-243, pls. 36-43 (1965); vol. 19, 299-330, pls. 39-45 (1969); vol. 20, p. 305-317, pls. 48-49, (1970); vol. 21, 129-162, pls. 21-24 (1971).
    4. Timing of geological events in the Circum-Pacific region. Canadian Jour. Earth Sci., vol. 14, 551-561, 1977.
    5. The so-called Turonian-Coniacian boundary in Japan. Bull. Geol. Soc. Denmark, vol. 33, 171-181, 1984.
    6. Notes on Forbesiceras (Ammonidae) from Hokkaido. Trans. Proc. Palaeont. Soc. Japan, N.S., vol. 145, 16-31, 1987.
    7. Notes on gaudryceratid ammonites from Hokkaido and Sakhalin. Pal. Soc. Japan, Spec. Papers, 35, 1-152, 1995.
    8. Turrilited ammonites Carthaginites from Hokkaido. Paleont. Research, vol. 6, 357-361, 2002.

↑ページの先頭へ