Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第1分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 吉川忠夫 (よしかわ ただお) 吉川忠夫
所属部・分科 第1部第1分科
選定年月日 平成18年12月12日
専攻学科目 中国史
現職等
  • 龍谷大学文学部客員教授
  • 京都大学名誉教授
受賞等 国内
  • 文化功労者(平成25年)
海外
外国アカデミー会員等
主要な学術上の業績

吉川忠夫氏は、中国の社会と思想の関係について深い考察を行ってきた中国史学の専門家です。

同氏は、中国中世史(六朝隋唐時代)に焦点をあて、この不安定で過渡的な時代においてこそ、かえって独自に思索し行動せざるを得なかった知識人たちの自由な発想の展開を、個人の行動を示す伝記類を通して総合的に分析しました。

これによって、儒教・道教・仏教が、この時期の知識人たちの自由な感受性と思索によって相互に関連付けられ、思想的に深められたことが明らかになりました。また、中国人が宗教意識の希薄な民族であるという通説を批判し、この時期に「罪の意識」という深刻な宗教的自己反省が生まれたことを論証したことは、研究史上、大きな貢献です。

さらに、近年完成した『訓注本 後漢書』は、唐代以来の伝統的な注釈を踏まえながら、独自の校訂、注釈を加えたものとして、高く評価されています。

主要な著書・論文
  • 著 書
    1. 『六朝精神史研究』(1984年2月、同朋舎出版)
    2. 『中国古代人の夢と死』(1985年9月、平凡社)
    3. 『古代中国人の不死幻想』(1995年4月、東方書店)
    4. 『中国人の宗教意識』(1998年7月、創文社)
    5. 『読書雑志』(2010年1月、岩波書店)
  • 編 著
    1. 『中国古道教史研究』(1992年2月、同朋舎出版)
    2. 『六朝道教の研究』(1998年2月、春秋社)
    3. 『真誥研究 訳注篇』(麥谷邦夫と共編) (2000年3月、京都大学人文科学研究所)
    4. 『唐代の宗教』(2000年7月、朋友書店)
    5. 『周氏冥通記研究 訳注篇』(麥谷邦夫と共編)(2003年3月、京都大学人文科学研究所)
  • 翻 訳
    1. 『訓注本 後漢書』全11冊(2001年9月-2007年3月、岩波書店)
    2. 『高僧伝』全4冊(船山徹と共訳)(2009年8月-2010年9月、岩波書店)
リンク

↑ページの先頭へ