Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第4分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 長田重一 (ながた しげかず) 長田重一
所属部・分科 第2部第4分科
選定年月日 平成22年12月13日
専攻学科目 分子生物学・生化学
現職等
  • 大阪大学免疫学フロンティア研究センター特任教授
  • 大阪大学名誉教授
  • 京都大学名誉教授
受賞等 国内
  • 日本生化学会賞奨励賞(昭和61年)
  • ベルツ賞(平成2年)
  • 持田記念学術賞(平成4年)
  • 日経BP技術賞(平成5年)
  • 大阪科学賞(平成7年)
  • ベーリング・北里賞(平成8年)
  • 高松宮妃癌研究基金学術賞(平成10年)
  • 朝日賞(平成10年)
  • 上原賞(平成10年)
  • 恩賜賞・日本学士院賞(平成12年)
  • 文化功労者 (平成13年)
  • 日本癌学会吉田富三賞(平成24年)
  • 慶應医学賞 (平成25年)
  • 京都大学孜孜賞 (平成25年)
海外
  • Emil von Behring prize(1994年)
  • Robert Koch Medal Award(1995年)
  • Prix Lacassagne (1997年)
  • International Cell Death Prize(2004年)
  • Hungary Debrecen University Award(2012年)
外国アカデミー会員等
  • スイス・チューリッヒ大学名誉博士(2012年)
  • 米国科学アカデミー会員(2015年)
主要な学術上の業績

 長田重一氏は、分子生物学の研究を展開し、細胞死に関して画期的な成果を上げました。なかでも、動物の発生や新陳代謝の際におこるアポトーシスと呼ばれる細胞死を引き起こすサイトカインとその受容体を同定しました。ついで、この細胞死の過程には、特殊な蛋白質分解酵素やDNA分解酵素が関与していること、死滅した細胞を速やかに体内から除去、分解するシステムが存在することを発見しました。また、アポトーシスシステムが動かなくなると自己免疫疾患など種々の病気を引き起こすことも見いだしています。以上、長田氏の業績は、細胞死の原理、生理作用を解明したものであり、理学、特に生命科学の発展に大きく貢献するものです。

主要な著書・論文
  • Original Papers
    1. Nagata, S., Taira, H., Hall, A., Johnsrud, L., Streuli, M., Ecsodi, J., Boll, W., Cantell, K., and Weissmann, C.: Synthesis in E. coli of a polypeptide with human leukocyte interferon activity. Nature 284: 316-320, 1980
    2. Nagata, S., Tsuchiya, M., Asano, S., Kaziro, Y., Yamazaki, T., Yamamoto, O., Hirata, Y., Kubota, N., Oheda, M., Nomura, H., and Ono, M.: Molecular cloning and expression of cDNA for human granuloctye colony-stimulating factor. Nature 319: 415-418, 1986
    3. Itoh, N., Yonehara, S., Ishii, A., Yonehara, M., Mizushima, S., Sameshima, M., Hase, A., Seto, Y., and Nagata, S. The polypeptide encoded by the cDNA for human cell surface antigen Fas can mediate apoptosis. Cell 66: 233-243, 1991.
    4. Watanabe-Fukunaga, R., Brannan, C.I., Copeland, N.G., Jenkins, N.A., and Nagata, S. Lymphoproliferation disorder in mice explained by defects in Fas antigen that mediates apoptosis. Nature 356: 314-317, 1992.
    5. Ogasawara, J., Watanabe-Fukunaga, R., Adachi, M., Matsuzawa, A., Kasugai, T., Kitamura, Y., Itoh, N., Suda, T., and Nagata, S. Lethal effect of the anti-Fas antibody in mice. Nature 364: 806-809, 1993
    6. Suda, T., Takahashi, T., Golstein, P., and Nagata, S. Molecular cloning and expression of the Fas ligand: a novel member of the tumor necrosis factor family. Cell 75: 1169-1178, 1993.
    7. Enari, M., Sakahira, H., Yokoyama, H., Okawa, K., Iwamatsu, A., and Nagata, S.  A caspase-activated DNase that degrades DNA during apoptosis and its inhibitor ICAD.  Nature 391: 43-50, 1998.
    8. Kawane, K., Ohtani, M., Miwa, K., Kizawa, T., Kanbara, Y., Yoshioka, Y., Yoshikawa, H., and Nagata, S.: Chronic polyarthritis caused by mammalian DNA that escapes from degradation in macrophages. Nature 443: 998-1002, 2006
    9. Miyanishi, M., Tada, K., Koike, M., Uchiyama, Y., Kitamura, T., and Nagata, S. : Identification of Tim4 as a phosphatidylserine receptor. Nature 450: 435-439, 2007
    10. Suzuki, J., Umeda, M., Sims, P. J., and Nagata, S.: Calcium-dependent phospholipid scrambling by TMEM16F. Nature 468: 834-838, 2010
    11. Suzuki, J., Denning D. P., Imanishi, E., Horvitz, H. R., and Nagata, S.: Xk-related protein 8 and CED-8 promote phosphatidylserine exposure in apoptotic cells. Science 341: 403-406, 2013.
    12. Segawa, K., Kurat,a S., Yanagihashi, Y., Brummelkamp, T. R., Matsuda, F., and Nagata, S.: Caspase-mediated cleavage of phospholipid flippase for apoptotic phosphatidylserine exposure. : Science 344: 1164-1168, 2014.
  • Review Articles
    1. Nagata, S., and Golstein, P.: The Fas death factor. Science 267: 1449-1456, 1995
    2. Nagata, S.: Apoptosis by death factor. Cell 88: 355-365, 1997
    3. Nagata, S.: Hanayama, R., and Kawane, K.: Autoimmunity and the Clearance of Dead Cells. Cell 140: 619-630, 2010
リンク

↑ページの先頭へ