Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第4分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 大村智 (おおむら さとし) 大村智
所属部・分科 第2部第4分科
選定年月日 平成13年12月12日
専攻学科目 天然物有機化学
現職等
  • 学校法人北里研究所相談役
  • 北里大学特別栄誉教授
  • 山梨県総合理工学研究機構顧問
  • 米国ウェスレーヤン大学マックス・ティシュラー名誉教授
  • 中国瀋陽薬科大学名誉教授
  • 中国医学科学院名誉教授
  • 中国曁南大学名誉教授
受賞等 国内
  • 上原賞(平成元年)
  • 日本学士院賞(平成2年)
  • 紫綬褒章(平成4年)
  • 藤原賞(平成7年)
  • 瑞宝重光章(平成23年)
  • 文化功労者(平成24年)
  • 朝日賞(平成27年)
  • 文化勲章(平成27年)
海外
  • 米国微生物学会ヘキスト・ルセル賞(1985年)
  • 米国工業微生物学会チャールズ・トム賞(1991年)
  • フランス国家功労勲章(シュバリエ)(1992年)
  • ローベルト・コッホ金牌(1997年)
  • タイ国プリンス・マヒドン賞(1998年)
  • ナカニシプライズ(日本化学会・米国化学会)(2000年)
  • アーネスト・ガンサー賞(米国化学会)(2005年)
  • ハマオ・ウメザワ記念賞(国際化学療法学会)(2007年)
  • レジオンドヌール勲章シュバリエ(フランス政府)(2007年)
  • テトラへドロンプライズ(2010年)
  • アリマ賞(国際微生物連合)(2011年)
  • ノーマン・R・ファルンスワース研究業績賞(米国生薬学会)(2012年)
  • ガードナー国際保健賞(2014年)
  • ノーベル生理学・医学賞(2015年)
外国アカデミー会員等
  • レオポルディナ(ドイツ自然科学者アカデミー)会員(1992年)
  • 米国微生物学アカデミー会員(1992年)
  • 全米科学アカデミー外国人会員(1999年)
  • フランス科学アカデミー外国人会員(2002年)
  • ヨーロッパ科学アカデミー会員(2005年)
  • 中国工学アカデミー外国人会員(2005年)
  • ヨーロッパ自然科学アカデミー会員
主要な学術上の業績

大村 智氏は独創的で多彩な探索法の確立を通じて、数多くの微生物由来の新規生物活性天然有機化合物を発見し、それらの構造決定、有機合成遺伝子レベルでの生合成機構の解明など、天然物有機化学の発展に多大な貢献をしました。同氏らにより発見されたエバーメクチン、スタウロスポリン、ラクタシスチン及びセルレニンなど26種の化合物は、医学、薬学、生化学など、関連する諸分野の進歩をも促したもので、その研究成果は国内外の高い評価を得ています。

主要な著書・論文
    1. R.W. Burg, B.M. Miller, E.E. Baker, J. Birnbaum, S.A. Currie, R. Hartman, Y.-L. Kong, R. Monaghan, G. Olson, I. Putter, J.B. Tunac, H. Wallick, E.O. Stapley, R. Oiwa and S. Ōmura. Avermectins, new family of potent anthelmintic agents: producing organism and fermentation. Antimicrob. Agents & Chemother., 15, 361-367 (1979).
    2. D.A. Hopwood, F. Malphatida, H.M. Kieser, H. Ikeda, J. Juncan, I. Fujii, B.A.M. Rudd, H.G. Floss, and S. Ōmura. Production of 'hybrid' antibiotics by genetic engineering. Nature, 314 (6012), 642-644 (1985).
    3. M. Hayashi, M.-C. Rho, A. Enomoto, A. Fukami, Y.-P. Kim, Y. Kikuchi, T. Sunazuka, T. Hirose, K. Komiyama, and S. Ōmura. Suppression of bone resorption by madindoline A, a novel nonpeptide antagonist to gp130. Proc. Natl. Acad. Sci., USA, 99, 14728-14739 (2002).
    4. H. Miyadera, K. Shiomi, H. Ui, Y. Yamaguchi, R. Masuma, H. Tomoda, H. Miyoshi, A. Osanai, K. Kita, and S. Ōmura. Atpenins, potent and specific inhibitors of mitochondria complex II (succinate-ubiquinone oxidoreductase). Proc. Natl. Acad. Sci., USA, 100, 473-477 (2003).
    5. H. Ikeda, J. Ishikawa, A. Hanamoto, M. Shinose, H. Kikuchi, T. Shiba, Y. Sasaki, M. Hattori, and S. Ōmura. Complete genome sequence and comparative analysis of the industrial microorganisms Streptomyces avermitilis. Nature Biotechnol., 21, 526-531 (2003).
    6. S. Ōmura and A. Crump. The life and times of ivermectin? a success story. Nature Reviews Microbiology, 2, 984-989 (2004).
    7. I. Namatame, H. Tomoda, S. Ishibashi, and S. Ōmura. Antiatherogenic activity of fungal beuveriolides, inhibitor of lipid droplet accumulation in macrophages. Proc. Natl. Acad. Sci., USA, 101, 7373-742 (2004).
    8. T. Sunazuka and S. Ōmura. Total synthesis of α-pyrone meroterpenoids, novel bioactive microbial metabolites. Chem. Rev., 105, 4559-4580 (2005).
    9. H. Gouda, T. Sunazuka, H. Ui, M. Handa, Y. Sakoh, Y. Iwai, S. Hirono, and S. Ōmura. Stereostructure of luminamicin, an anaerobic antibiotic, via molecular dynamics, NMR spectroscopy, and modified Mosher method. Proc. Natl. Acad. Sci., USA, 102, 18286-18291 (2005).
    10. M. Iwatsuki, H. Tomoda, R. Uchida, H. Gouda, S. Hirono, and S. Ōmura. Lariatins, antimycobacterial peptides produced by Rhodococcus sp. K01-B0171, have a Lasso structure. J. Am. Chem. Soc., 128, 7486-7491 (2006).
    11. Macrolide Antibiotics-Chemistry, Biology, and Practice, 2nd Ed., (Ed. by S. Ōmura), Academic Press, 2002.
リンク

↑ページの先頭へ