Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第4分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 鈴木章 (すずき あきら) 鈴木章
所属部・分科 第2部第4分科
選定年月日 平成23年12月12日
専攻学科目 有機化学
現職等
  • 北海道大学名誉教授
受賞等 国内
  • 日本化学会賞(平成元年)
  • 有機合成化学特別賞(平成16年)
  • 日本学士院賞(平成16年)
  • 瑞宝中綬章(平成17年)
  • 文化功労者(平成22年)
  • 文化勲章(平成22年)
海外
  • アメリカWeissberger-Williams Letureship Award(1986年)
  • 韓国化学会功労賞(1987年)
  • アメリカDowElanco Letureship Award(1995年)
  • カナダThe Distinguished Leturer Award(2001年)
  • スイスP. Karrer Gold Medal(2009年)
  • ノーベル化学賞(2010年)
  • アメリカ化学会H. C. Brown Award(2011年)
外国アカデミー会員等
  • アルゼンチン有機化学会名誉会員(2001年)
  • 中国科学院上海有機化学研究所名誉教授(2006年)
  • 英国化学会名誉会員(2011年)
主要な学術上の業績

鈴木 章氏は、有機化合物を合成する際に必要不可欠な炭素-炭素結合の形成に、塩基の存在下でパラジウム触媒を用いることにより、有機ホウ素化合物と有機ハロゲン化合物などとをクロスカップリングさせる反応を開発しました。この反応は「鈴木クロスカップリング反応」と呼ばれ、その特長は、原料が入手しやすく、反応条件が温和であり、また反応系に有害物質を用いないので環境に優しいことです。
また、多くの官能基を持つ出発原料にも適用され、副生成物(無機物)を反応生成混合物から容易に除去でき、そのうえ水または含水溶媒中でも反応し得るなど、多くの利点が挙げられます。そのため、複雑な構造を持つ天然有機化合物の合成を始め、医薬や農薬の製造への利用、さらには電導性高分子や有機発光ダイオード(OLED)、液晶材料などの開発に幅広く利用されています。


主要な著書・論文
    1. Suzuki, A. (1982) Organoborates in New Synthetic Reactions. Acc. Chem. Res., 15, 178-184.
    2. Suzuki, A. (1999) Catalytic Reactions in Organoboron Compounds: In Transition Metal Catalysed Reactions, a ‘Chemistry for the 21st Century' monograph (eds. Murahashi, S. and Davies. S. G. ). International Union of Pure and Applied Chemistry, London, pp. 441-463.
    3.  Suzuki, A. (1999) Recent Advances in the Cross-Coupling Reactions of Organoboron Derivatives with Organic Electrophiles. In Perspectives in Organopalladium Chemistry for the 21st Century (ed. Tsuji, J). Elsever, Lausanne, pp.147-168.
    4. Suzuki, A. (2002) Cross-coupling Reactions via Organoboranes. J. Organometal. Chem. 653, 83-90.
    5. Suzuki, A. (2002) The Suzuki Reaction with Arylboron Compounds in Arene Chemistry. In Modern Arene Chemistry, (ed. Astruc, D). Wiley-VCH, Weinheim. pp.53-106.
    6. Suzuki, A. (2003)Suzuki Coupling. Organic Syntheses via Boranes, Volume 3. Aldrich, Milwaukee, pp. 1-314.
    7.  Suzuki, A. (2004) Organoborane Coupling Reactions (Suzuki Coupling). Proc. Jpn. Acad., Ser. B 80, 359-371.
    8. Suzuki, A. (2005) Recent Developments of Biaryl Synthesis via Cross-coupling Reactions of Areneboronic Acid Derivatives. J. Syn. Org. Chem. Jpn. 63, 312-324.
    9. Suzuki, A. (2005) Coupling Reactions of Areneboronic Acids or Esters with Aromatic Electrophiles. In Boronic Acids, (ed. Hall, D. G.) Wiley-VCH, Weinheim, pp. 123-170.
    10. Suzuki, A. (2005) Carbon-carbon Bonding Made Easy. Chem. Commun. 4759-4763.
    11. Suzuki, A. (2011) Cross-Coupling Reactions of Organoboranes: An Easy Way to Construct C-C Bonds. Angew. Chem. Int. Ed. 50, 6723-6737.
リンク

↑ページの先頭へ