Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 会員一覧 > 第4分科 > 会員個人情報

会員個人情報

氏名 竹市雅俊 (たけいち まさとし) 竹市雅俊
所属部・分科 第2部第4分科
選定年月日 平成12年12月12日
専攻学科目 発生生物学・細胞生物学
現職等
  • 理化学研究所多細胞システム形成研究センターチームリーダー
  • 京都大学名誉教授
受賞等 国内
  • 朝日賞(平成6年)
  • 高松宮妃癌研究基金学術賞(平成7年)
  • 日本学士院賞(平成8年)
  • 上原賞(平成8年)
  • 慶應医学賞(平成13年)
  • 文化功労者(平成16年)
  • 日本国際賞(平成17年)
  • トムソン・ロイター引用栄誉賞(平成24年)
海外
外国アカデミー会員等
  • 米国芸術科学アカデミー外国人名誉会員(2004年)
  • National Academy of Sciences (米国)Foreign Associate(2007年)
  • European Molecular Biology Organization外国人会員(2009年)
  • AAAS(The American Association for the Advancement of Science)フェロー(2014年)
主要な学術上の業績

動物個体の形成には細胞どうしの接着が重要ですが、竹市雅俊氏はこの接着にカルシウムを必要とする機構としない機構があることを発見し、前者に関与するタンパク質分子をカドヘリンと命名しました。また、カドヘリンには多種類あり、細胞の選択的接着を支配していることも明らかにしました。さらにカドヘリンの機能を制御する因子アルファ・カテニンを同定し、その発現の消失が癌細胞の接着異常に関与することを明らかにしました。最近では、カドヘリンが神経細胞間のシナプスの安定性に関与することも明らかにしています。同氏は重要な国際学術誌の多くの編集委員をつとめる等、細胞接着研究分野における国際的リーダーです。

主要な著書・論文
    1. Takeichi, M. (1977) Functional correlation between cell adhesive properties and some cell surface proteins. J. Cell Biol. 75, 464-474.
    2. Yoshida, N. and Takeichi, M. (1982) Teratocarcinoma cell adhesion: Identification of a cell surface protein involved in calcium-dependent cell aggregation. Cell 28, 217-224.
    3. Hatta, K. and Takeichi, M. (1986) Expression of N-cadherin adhesion molecules associated with early morphogenetic events in chicken embryos. Nature 320, 447-449.
    4. Nagafuchi, A., Shirayoshi, Y., Okazaki, K., Yasuda, K. and Takeichi, M. (1987) Transformation of cell adhesion properties by exogenously introduced E-cadherin cDNA. Nature 329, 341-343.
    5. Matsunaga, M., Hatta, K. and Takeichi, M. (1988) Role of N-cadherin cell adhesion molecules in the histogenesis of neural retina. Neuron 1, 289-295.
    6. Nose, A., Nagafuchi, A. and Takeichi, M. (1988) Expressed recombinant cadherins mediate cell sorting in model systems. Cell 54, 993-1001.
    7. Hirano, S., Kimoto, N., Shimoyama, Y., Hirohashi, S. and Takeichi, M. (1992) Identification of a neural alpha-catenin as a key regulator of cadherin function and multicellular organization. Cell 70, 293-301.
    8. Uchida, N., Honjo, Y., Johnson, K.R., Wheelock, M.J. and Takeichi, M. (1996) The catenin/cadherin adhesion system is localized in synaptic junctions bordering the transmitter release zone. J. Cell Biol. 135, 767-779.
    9. Togashi, H., Abe, K., Mizoguchi, A., Chisaka, O., and Takeichi, M. (2002) Cadherin regulates dendritic spine morphogenesis. Neuron 35, 77-89.
    10. Kametani, Y., and Takeichi, M. (2007) Basal-to-apical cadherin flow at cell junctions. Nature Cell Biol., 9, 92-98.
    11. Meng, W., Mushika, Y., Ichii, T., and Takeichi, M. (2008) Anchorage of microtubule minus-ends to adherens junctions regulates epithelial cell-cell contacts. Cell 135, 948-959.
    12. Nishimura, Y., Honda, and Takeichi. M. (2012) Planar cell polarity links axes of spatial dynamics in neural tube closure. Cell 25, 1084-1097.
リンク

↑ページの先頭へ