Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 物故会員一覧 > ア行 > 物故会員個人情報

物故会員個人情報

氏名 荒松雄 (あら まつお) 荒松雄
所属部・分科 第1部第1分科
選定年月日 平成7年12月12日
退任年月日 平成20年11月8日
専攻学科目 南アジア史
過去の要職
  • 東京大学名誉教授
受賞等 国内
海外
主要な学術上の業績

荒 松雄氏は、日本におけるインド史の本格的研究の開拓者です。旧来の日本のインド研究は、仏教を中心とした哲学・宗教の解明に重点があり、政治・経済・社会・文化を包括する歴史研究は未発達でした。同氏が主力を注いだのは、イスラーム支配時代のインド史、いわゆるインド中世史で、特にその初期のデリー諸王朝時代(13~16世紀)に重点を置きました。そしてデリー地方に残存する多くの遺跡を調査し、政治権力と宗教勢力との関係などを解明しました。

主要な著書・論文

↑ページの先頭へ