Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 物故会員一覧 > サ行 > 物故会員個人情報

物故会員個人情報

氏名 関集三 (せき しゅうぞう) 関集三
所属部・分科 第2部第4分科
選定年月日 昭和60年11月12日
退任年月日 平成25年12月24日
専攻学科目 物理化学
過去の要職
  • 大阪大学名誉教授
受賞等 国内
  • 日本化学会賞 (昭和48年)
  • 日本学士院賞 (昭和51年)
  • 藤原科学賞 (昭和58年)
  • 勲二等旭日重光章 (昭和61年)
海外
主要な学術上の業績

関 集三氏は、これまで物質状態の理解に広く適用されている熱力学に物質構造の観点を加え、構造熱力学とも称すべき新しい分野を開拓して固体および液体状態の研究の発展に大きな貢献をしました。特に、「ガラス状態の熱力学的研究」は極めて精密な熱測定による広汎な実験に基づくもので、物質内の分子の集合状態の研究における画期的な成果として、「相転移の構造力学的研究」と共に高く評価され、国際的にも広く知られています。

主要な著書・論文

↑ページの先頭へ