Skip navigation.

HOME > 会員・客員一覧 > 物故会員一覧 > サ行 > 物故会員個人情報

物故会員個人情報

氏名 柴田承二 (しばた しょうじ) 柴田承二
所属部・分科 第2部第7分科
選定年月日 平成5年12月13日
退任年月日 平成28年7月12日
専攻学科目 天然物化学・生薬学
過去の要職
  • 東京大学名誉教授
受賞等 国内
  • 日本学士院賞(昭和48年)
  • 勲二等旭日重光章(昭和62年)
  • 文化功労者(平成9年)
海外
  • 英国化学会 センテナリーレクチャーシップ及び銀メダル (Centenary Lectureship & Silver Medal) (1966年)
  • ドイツ・ミュンヘン大学名誉学位(1995年)
  • ユネスコ・アルバート・アインシュタイン銀メダル(1998年)
  • ミレニアル・薬科学者賞(世界薬科学会議)Millennial Pharmaceutical Scientists Award. (World Congress of Pharmaceutical Sciences San Francisco April 16-20, 2000)(2000年)
主要な学術上の業績

柴田承二氏は、戦後、社会問題にもなったイスランディア黄変米事件に際し原因菌の毒成分の構造を解明するなど数多くの菌、地衣類成分の化学的研究に成果を挙げました。また一方、薬学者が早くから研究に着手しながら解明されなかった漢方薬の有効成分について、化学的研究法に新しい薬理試験を併用する方法で精査し、薬用人参、芍薬、柴胡などの繁用される生薬類の有効成分を明らかにしました。このことにより生薬学の研究分野に大きく貢献しました。

主要な著書・論文
    1. S. Shibata: Biochemical and Chemotaxonomical Aspects of Lichen substances. (Festschrift Prof. K. Mothes zum 65 Gebursttag) Beitrage zur Biochemie und Physiologie von Naturstoffe, s451-465(1965).
    2. S. Shibata: Chemistry and Biosynthesis of Some Fungal Metabolites. (The Chemical Society Centenary Lecture, November, 1996) Chemistry in Britain, 3, 110-121 (1967).
    3. S. Shibata: Some Recent Studies on the Metabolites of Fungi and Lichens. (Plenary Lecture at IUPAC VIIIth Intern. Symp. on the Chemistry of Natural Products, New Delhi, February, 1972) Pure and Applied Chemistry, 32, 109-128 (1973).
    4. S. Shibata: Anthraquinonoid Mycotoxins. XXIVth International Congress of Pure and Applied Chemistry (Hamburg), 2, 107-115 (1974).
    5. S. Shibata: Some Experiments in Polysaccharide Studies. Proc., 5th Asian Symp. on Medicinal Plants and Spices, Aug. 20-24 (1984), Seoul, Korea.
    6. S. Shibata, O. Tanaka, J. Shoji, H. Saito: Chemistry and Pharmacology of Panax. Economic and Medicinal Plant Research, H. Wagner, H. Hikino and R. Farnsworth (eds.), Vol. 1, pp. 217-284 (1985) (Academic Press, London etc.).
    7. S. Shibata: Pharmacology and chemical study of dammarane-type triterpenoids. Advances in medicinal phytochemistry, edited by Sir Derek Barton and W.D. Ollis, pp. 159-172 (1986). (John Libbey & Co.Ltd, London)
    8. S. Shibata: Antitumor-Promoting and Antiinflammatory Activities of Licorice Principles and their Modified Compounds. Food Phytochemicals for Cancer Prevention II. ACS Symposium Series 547, 308-321(1994). (Am. Chem. Soc., Washington, DC.)
    9. S. Shibata: A Drug over the Millennia -Pharmacognosy, Chemistry, and Pharmacology of Licorice. Yakugaku Zasshi, 120 (10), 849-862 (2000).
    10. S. Shibata: Chemistry and Cancer-preventing Activities of Ginseng Saponins and Some Related Triterpenoid Compounds. J. Korean Medical Science, 16 (Supple.), 28-37 (2001).

↑ページの先頭へ